州外の人によく訊かれるメニュー2

こんばんは、

ひでペンです。

 

ジモモ ペナン

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

 

 

前回、

「次回がいつになるか分からない」と書いた

「州外の人によく訊かれるメニュー」の第二弾です。

 

州外の人によく訊かれるメニュー1

 

このお店の事は、よく

夜中しか開いていない」お店として

場所を聞かれる事が多いです。

 

だからといって、

パブやカラオケ屋さんや、

ましてや怪しいお店でもありません。

 

お店のメニューはナシ カンダー Nasi Kandar。

Restoran Liyaqat Ali Nasi Kandar

という本来の店名の他に、

Nasi Kandar Beratur

(行列のナシ カンダーの意味)という

通称がついています。

 

看板にも大きく書いてある様に、

開店時刻は午後10時

関西人でなくとも「なんでやねん」

と突っ込みたくなるような営業時間。

 

通称にもなっている行列は、

並び始めて30分で注文できれば

ラッキーとさえ言われるレベル。

 

ナシ カンダーは

インド系イスラム教徒(ママッ)の料理で

ペナンが発祥

 

かつては、

さおの両側に提げた大きな容器に

ご飯とカレーをつめて、売り子が肩に

天びんのように担いで

売っていたそうです。

 

(ナシ = ご飯)

(カンダー = 天びん)

 

ひでペンの感想はですね、

「ナシ カンダーってこういう味だよね」と

「これだけ待った料理、すぐに食べ終わっちゃ

もったいない気がする」です。

(意味不明)

 

場所は、Jalan Masjid Kapitan Keling

(カピタン クリン モスク通り)。


より大きな地図で Nasi Kandar Beratur を表示

 

それでは。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
にほんブログ村

 

Similar Posts:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です