月別アーカイブ: 2014年8月

デング熱に感染しました

こんばんは、

ひでペンです。

 

ジモモ ペナン

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

 

「パパー、家の周りに水がたまる様に

してちゃいけないんだって~。」

「熱が出たら早くお医者さんに行きなさいって~」

 

ある日、地元ペナンの小学校に通う娘が、

先生から、デング熱対策を教わったと、

言ってきました。

 

「先生が、『デング熱に罹った事がある人~?』

って聞いたらね~、

私と、もうひとりの友達が手を挙げたんだよ~」

 

日本で、戦後初の国内感染が報告された

デング熱

ここマレーシアでは、

今年は7月までで既に感染例は50,000を超え、

亡くなった方は150人近くに上っています。

 

東南アジアは、いまだデング熱の流行地なので、

蚊の多いシーズンは要注意で、

冒頭に書いたように、

小学校でも予防や対策を教えられるわけです。

 

娘がデング熱に罹ったのは

三歳三ヶ月の時。

受診した病院で、

この様な記録カードをもらいました。

2014-08-30 08.41.23_R

2014-08-30 08.42.00_R

日本のケースは恐らく、

海外で罹患した患者さんが

ヒトスジシマカに刺され、

同じ蚊に刺された方が感染したのでしょう。

 

田村厚生労働大臣が言うように、

重症化の確率はさほど高くないのですが、

流行地に住んでいる方や、

流行地に旅行される方は、

予防対策をするに越したことはありません。

 

ワクチンが実用化されていない現在、

できる予防はとにかく

蚊に刺されない様にする、

これに尽きます。

 

日本のヒトスジシマカは、

日中でも活発との事ですが、

東南アジアのネッタイシマカが活動的なのは、

主に朝と夕方。

 

特にそれら時間帯に屋外で活動する時は、

虫よけスプレーを使います。

 

長時間に及ぶ場合は、

虫よけスプレーは携行して、

時間が経ったら追加でスプレーした方が良いです。

(娘のケースは、その間隙に刺されたようです。)

 

ひでペン、実はいつも、

「日本の虫よけグッズは充実しているなあ」と

感心しています。

 

例えば虫よけスプレー、

日本では、ディートが含まれている

より有効といわれているスプレーが主流です。

 

禁止されているのか、

マレーシアではディート入りは売られていません。

スキンベープミスト 200mL 【HTRC3】

 

蚊取り線香は、

香りの良い物がある様ですし、

アース渦巻香 バラの香り 30巻缶入

 

今年ヒット商品となった

この「蚊がいなくなるスプレー」など、

次に日本に行ったら、必ず買って帰ってくるつもりです。

蚊がいなくなるスプレー 200日 無香料 45mL (防除用医薬部外品) 【HTRC2.1】

あと、蚊に刺された心当たりが少し前にあって、

発熱したなら、早く病院、医院を受診。

 

基本的に対症療法しか、現在はないのですが、

手当てが遅れることが重症化の一因と言われていますので、

とにかく早く、です。

 

確定診断の為と、

経過観察のために、数日に亘って

採血検査されると思いますが、

早いに越したことはありません。

 

マレーシアでのワクチン実用化は、

あと1~2年程と言われています。

 

それまでは、とにかく

蚊に刺されない対策は充分にしたほうが良いですね。

ま、我が家にとってはいつものことですが。

 

それでは。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
にほんブログ村